産業カウンセラーに合格するポイント

マズローの欲求5段階説

心理学者であるマズローは、
「人間は多くの基本的欲求が階層を成していて、
ある欲求が満足すると次の高次の欲求へ
段階的に推移していく」と主張しています。

 

そして、基本的欲求を5つに分類しました。

 

(1) 生理的欲求

 

  人間の肉体的諸欲求(空腹、渇き、性など)。

 

(2) 安全欲求

 

  身体的な危険・脅威から身を守りたいという欲求。

 

(3) 帰属欲求

 

  集団への帰属、友情や愛情を求める欲求。

 

(4) 自尊欲求

 

  他人から尊敬され、認められたいという「承認欲求」と、
 自分自身に対して高い評価や自尊心を持ちたいという「自尊欲求」の
 二つの側面があります。

 

(5) 自己実現の欲求

 

  適性・能力を発揮して、自分が潜在的に持っている可能性を実現したいという欲求。

 

このような5つの欲求のうち、
相手にやる気を起こしてもらうために、
「帰属欲求」に焦点を合わせ、
「仲間が声援を送っている」ということに気づいてもらい、
「仲間のためにもがんばろう。」、「仲間に悪いからがんばろう。」
と考え、やる気を出してもらうことでよい方向に向かうことがあります。

 

過去の努力や成果を褒め、
現在の努力の姿勢や、小さくても成功体験を評価するなど、
「自尊欲求」に従うことによっても、
さらに褒められることを期待してがんばるなど、
その人なりにやる気が回復することもあります。

ジョハリの窓

アメリカ人ノジョー・ルフトとハリー・インガムの二人が
協働で考案した対人関係改善の考え方の一つが「ジョハリの窓」です。

 

正しくは「心の4つの窓」といいますが、
発案者の不たちにちなみ「ジョハリの窓」と呼ばれるようになりました。

 

ジョハリの窓は、
人間の心には4つの領域があり、
心に閉めるその4つの領域のうち、
「開かれた窓」の割合が増えることが望ましく、
「閉ざされた窓」は自分も他人も知らない無意識の領域であり、
日ごろは認知されておらず、抑圧された感情や情動があるというものです。

 

(1) 自分が知っている自分・他人に知られている領域

 

  = 開かれた窓(自他共にオープンな開放された領域)

 

(2) 自分が知らない自分・他人に知られている領域

 

  = 気づいていない窓(他人から言われて初めて気づく領域)

 

(3) 自分が知っている自分・他人に知られていない領域

 

  = 隠された窓(他人に隠している秘密の領域)

 

(4) 自分が知らない自分・他人に知られていない領域

 

  = 閉ざされた窓(無自覚だが、道の可能性を秘めた領域)

 

 

この(1)から(4)のうち、(1)の領域が広いほうが、
よりパーソナリティだと考えます。